株式会社テクノプロジェクト

病院や施設と住民をつなぐシステム

SERVICE

ヘルスケア

テクノプロジェクトは、1988年に病院向けシステム開発ビジネスを開始して以降
島根県立中央病院様における国内初の本格的電子カルテシステムの導入をはじめ
県内外の医療介護分野において、数多くの実績を積み重ねてまいりました。
安心して生活できる社会づくりに今後とも取り組んでまいります。

健康な生活を支える地域づくり

地域の医療機関間をネットワークで結び、患者の診療情報を共有し、地域で一体となって患者中心の医療サービスを提供する「地域医療連携」が求められています。テクノプロジェクトは全国でも先駆的な取り組みである島根県の地域医療連携システム「まめネット」の構築に携わりました。 現在、そのノウハウをASEAN諸国向けに「Mame-NET」として海外展開しています。

患者に寄り添った診療所に

お医者様の声を反映してつくられた電子カルテシステム「CIMA Chart」は、地域でプライマリヘルスケアを提供する診療所の業務をサポートします。地域医療連携への対応はもちろん、在宅医療・訪問診療にも対応しており、日本の医療課題に先進的に取り組んでいます。

介護の現場を支えたい

年々その重要性を増す介護事業。テクノプロジェクトは、ケアプラン作成や介護給付費請求業務などの日々の事務負担を大幅に縮減する介護事業者支援システム「CareWORKS21」を提供しています。日本全国で1,000以上の事業者様にご利用いただいています。

未来の医療介護を考える

人口減少社会における医療介護人材の不足を解消したり、感染症などのリスクを低減したりする手段としてロボットの活用が注目されています。テクノプロジェクトでは、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」を活用した研究開発をはじめとして、未来の医療介護の課題解決に取り組んでいます。