ホーム導入事例 > 柴田整形外科

柴田整形外科

電子カルテの導入で業務を効率化。
使い勝手もよく、バックアップ体制も整っているから業務に専念できます。

医療への取り組み

導入の経緯

医療への取り組み

医療への取り組み

開業以前に勤務されていた病院では紙カルテを使われていたという柴田先生は、開業前から「電子化は時代の潮流だと考えてましたので、決断は早かったです。」と。「後々には電子カルテの導入は必ず考えなければならない事ですし、紙カルテからの移行はものすごく大変そうでしたから、ならば今しかないと思い電子カルテの導入を決め、3社ぐらいで製品の選定をしました。」とのことです。
「それに、カルテ保管の場所も紙カルテですと膨大なスペースが必要になりますので、その点でも電子カルテの魅力は大きかったですね。」「当然のことですが、開業すれば経営面の数字データも私が管理しなければならないわけですから、そういった意味でも使いやすい電子カルテを探し、シーマチャートを選びました。」とのことでした。

シーマチャート導入のポイント

医療への取り組み

医療への取り組み

「電子カルテについて詳しいというわけではありませんでしたが、電子カルテが内科系中心の時代にもかかわらず、整形でも使いやすいシンプルな印象からシーマチャートを選びました。」と。「当然、内科系で使いにくいという事ではなく、複雑な感じがせず、シームレスで使いやすいということです。
印象だけでなくほんとに使いやすいですよ。」とご評価いただきました。
「それに運用面でのバックアップ体制も非常に心強かったですね。私を含めスタッフ全員が電子カルテを使うのが初めてでした。約1ヶ月間かけて運用・操作指導をしてもらった甲斐もあり、これまで大きなトラブルなどが全くありません。」とのこと。
「トラブルがあるのは困りますが、もしもの場合にバックアップ体制が整っているのも安心ですね。」た意味でも使いやすい電子カルテを探し、シーマチャートを選びました。」とのことでした。

導入効果・感想

医療への取り組み

医療への取り組み

「電子カルテを導入して一番感じることは、いろいろな面で時間短縮ができているということです。」とおっしゃいます。「特に患者さんには「待ち時間が減った」と喜んでいただいています。」と、シーマチャートの導入が患者様にもメリットを生み出しているようです。
「レセプト・会計も一体になっている点が大きいですね。患者さんだけでなく、時間短縮という点ではスタッフも喜んでいます。月末月初の請求業務などは病院につきものの煩雑な業務ですが、シーマチャートならすごくスムーズ。スタッフも電子カルテ未経験のものばかりですので、あまりのスムーズさに最初はみんな揃ってびっくしましたよ。」と。
「それに熟練した会計スタッフがいなくても、こうした業務がこなせてしまうのも、我々のような開業医にはすごく大きなメリットですね。ミスが起こりやすい業務ですので、そのストレスから解放されるということは仕事をしやすい環境づくりにつながり、良い効果を生んでいますね。」

今後の展望

医療への取り組み

地域がら近隣のお年寄りや学生の患者様が非常に多いとおっしゃる柴田先生は「電子カルテをフル活用して地域の患者さんに喜んでいただけるかかりつけ医を目指しています。」と笑顔で。「病院の多い地域ですが、そうした中でも他の病院にはない、待ち時間を含めた時間の短縮はどの患者さんにも喜んでいただいています。」と。
「しかし、時間の短縮がミスにつながってはどうしようもない。やはり、患者さんの顔・表情を見なければ患者さんのことは分かりませんので、患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。」ともおっしゃいます。
「そのための工夫もしています。患者さんの前では必要最低限をシーマチャートに記録。必要情報を患者さんの前でもさっと作業できるのもうれしいですね。電子カルテはあくまで管理媒体だと思いますので、患者さんのために上手に活用し喜んでいただけたらと思っています。」

メールでのご相談はこちら

ページトップへ
Copyright (C) 2013-2018 Techno Project Co., Ltd. All Rights Reserved.